サイト名

日本手工芸指導協会は優れた指導者を育成、手工芸文化の普及発展をめざしています

トップ > 教室案内

教室案内

教室案内は、以下の内容で掲載しています。表の中のご希望の手工芸をクリックしてください。

 

教室一覧

  • つまみ画/押絵/クロスアート/和紙絵画/テディベア/木目込人形/手編み/リバーシブルアフガン編み
    つまみ画:江戸時代女官の間で四角い小布をたたみつまんで文箱等につけたつまみ細工誕生。絵画化が試みられつまみ画が生まれました。

  • 刺し子/日本刺繍/文化刺繍/絽ざし
    日本刺繍:飛鳥時代の繍帳も残存している伝統的な刺繍
    文化刺繍:大正末期、日本で始められた刺繍。文化針の出現によって新しい時代の刺繍という意味で名付けられた
    絽ざし:絹の絽に美しい絹糸で織り成す刺繍。公家刺しとも呼ばれた

  •  上流階級の間で、絹糸でかがられていたまりが近世以降、木綿糸の普及により一般庶民の間に広まり、各地で作られるようになりました。

  •  16世紀、乗るノルウェーのハンダンゲル地方(英名:ハーダンガー地方)で始められた刺繍です。

  •  パッチワークとは布と布を縫い合わせる事を言いキルトとは、表裏布の間に綿を入れ三層で縫う事言います。

  • アラヨロシュ刺繍というポルトガル伝統の刺繍絨毯のことで、極太など固めの毛糸や夏糸で粗目や中目の布地を刺したものを言います。

  • 水引工芸/七宝/ステンドグラス/彫金/磁器レースドール/絞り染め/

  •  革に彫刻をほどこす技法(カービング) は、湿らせて細工しやすくなる、革の性質を生じた技法です。

  •  1960年代にパンフラワーの技法が入り、その後優れた樹脂粘土の開発により新たな技法も研究開発され高度化された創花部門

  •  印画紙である紙を遠近を用いてカットし、限られた空間で表現していく立体絵画です。

  •  籐は蔓工芸に使う材料の1つで水に浸すと柔らかく乾くと固くなる特性を生かしてひも状の素材から立体的な作品を作ります。

  • フラワーデザイン/フラワーアレンジメント/インテリアフラワー/

  •  1つの教室でさまざまな手工芸を学べます。詳しくは各教室にお問い合わせ下さい。

お知らせ

リンク

ページのトップへ戻る